「ゴーイング マイ ホーム」のロケ地のご案内

2012年10月からフジテレビ系列で放送された「ゴーイング マイ ホーム」の重要なシーンである「クーナの森」「鳥居歯科医院」はペンションのある富士見町で撮影されました。伊那市でも多くのシーンが、その他、原村、茅野市、諏訪市でも撮影が行われました。

阿部寛さん、山口智子さん、宮崎あおいさん、西田敏行さんの登場するオープニングタイトルも富士見町です。
10月24日は、タクシーのシーン、10月26日、27日は歯科医院のシーンの撮影をしていました。

ご宿泊のお客様でご希望の方には、ロケ地のご案内もいたしますので、お気軽にお申し出ください。(ただし、繁忙期をのぞかせていただきます。)

このページでご紹介させていただいている場所は、ペンションから一番遠い場所でも30~45分以内くらいで行ける場所で、近いところは5分ほどで行くことが可能です。一番近い場所は「クーナの森」2ヶ所です!

第9話で出て来た「クーナの森」のシーンの場所を詳細に調べてきました。

ペンションからはちょっと遠くなりますが、1時間ほどかかるロケ地は「ゴーイング マイ ホーム」のロケ地 諏訪市 伊那市 辰野編でご紹介しています。

タイトルバック

タイトルバック1タイトルバック2

阿部寛さん、山口智子さん、宮崎あおいさん、西田敏行さんがタイトルと共に写っている場所です。西田敏行さんは中央にある岩に座っています。

はじめボケーッとテレビを見ていた時には気がつきませんでしたが、改めていろいろ考えていたら、この場所に行く前に、記憶の中でここだ!!って確信が持てる場所で、行ってみたら、ビンゴ!! 大好きな森だったので、いろんな人に言いふらしたくなりましたが、秘密にしておきたい気にもなって、複雑な心境でした。

クーナの森

第2話の最後に出て来た「クーナの森」。ドラマそのままの原生林が広がっています。何も無いですが、すばらしい景色です。
「クーナ」がいるのならこんな場所にいるんだろうなと思わせてくれるような場所です。

たまたま、数年前に同じ場所で同じような写真を撮ったことがあったので、瞬時に気がつきました。

第4話 鳥居治がカップ焼きそばを食べていたクーナの森

第4話で鳥居治が以前クーナを見た場所に行く為に森の中を歩いているシーンで使われた森です。ドラマは夏から秋にかけて撮影されたので、とても緑が綺麗ですが、この写真を撮影した11月初旬には、緑はほとんどありません。ペンションからは車で30分程の茅野市の山の中にあります。

第4話 回想シーンで出て来たクーナの森

第4話に出て来た女の子1人と男の子2人が映っている穴の空いた木です。タイトルバックや、クーナの帽子を見つけた場所とは、違う場所にある木です。この場所は、予告編を見た瞬間に場所が分かりました。

タイトルバックのクーナの森とともに、普通訪れる人がほとんど居ないようなスポットです。穴の空いた木は、10月31日に、あとの3枚は11月8日に撮影しましたが、1週間で冬みたいな景色に変わってしまいました。ここも以前から、お気に入りの場所でペンションからは一番行きやすいロケ地でもあります。

鳥居歯科医院

第1話からたびたび登場している「鳥居歯科医院」。富士見町の中心部にある旧法務局の建物をそのまま利用して撮影されたそうです。

タクシーの走っていた道

徳永太郎(阿部サダヲ)の運転するタクシーが走っているのは、1996年TBSで放送された「青い鳥」でも登場した「八ヶ岳ズームライン」です。カーブした道はズームラインではなく、富士見町内の道です。

坪井良多と下島菜穂が歩いていた道

良太と菜穂が「クーナの森」に行く話をしていた道。周りの景色を見て分かりました。この場所自体は行ったことがない場所でしたが、周りの景色、看板で気がつきました。第2話の他、第3話、4話でも登場しました。

杜耶駅

阿部寛扮する坪井良多が、阿部サダヲ扮する徳永太郎のタクシーに乗った駅は、ペンションから一番近い駅「信濃境駅」です。ゴーストタウンじゃないですよ~。汗

「信濃境駅」は、豊川悦司さん主演の「青い鳥」、中居正広さん主演の「模倣犯」、ビビアンスーさん主演「本家のヨメ」、ユースケ・サンタマリアさんと菅野美穂さん主演の「アルジャーノンに花束を」、内山理名さん主演の「嫌われ松子の一生」など、数多くのドラマに登場している駅です。

第1話、第2話でタクシーが走っていた道

第1話と第2話で坪井良多を乗せたタクシーから見えている景色。信濃境駅から国道20号線の下蔦木に下る道です。

2014年7月31日 更新